エンジェルからのおくりもの。。。

北海道北見市の美容室から地球環境浄化。。おしゃれを楽しみながら、髪や身体を健康に、そして地球環境も浄化してHAPPYにしてしまう『ビーワン』 貴方も地球の応援団になりませんか?

女性向けの育毛剤市場が急成長 ストレス、ダイエット…カギは女心への配慮

昨年発売されたヴィーダフルのスカルプシャンプー&エッセンスが好評です。

フルボ酸高配合のこのシャンプー女性にも大人気です。


産経新聞にこのような記事があります。




女性向けの育毛剤市場が急成長している。仕事のストレスや、ダイエット習慣による食生活の変化で「薄毛」に悩む人が増える一方、製薬や化粧品メーカーが、「美容」「ヘアケア」商品として買いやすさに配慮したことも、女性の心をとらえているようだ。

 ロート製薬の調査では、「髪の毛が薄くなってきた」と感じる女性は30代で20%、40代で37%、50代では43%で男性の41%を上回る。男性ホルモンを抑えるものが多い男性用に対し、女性用は栄養成分や保湿成分を高めているのが特徴だ。

 通信販売などで購入する「潜在需要は前からあった」(製薬大手)が、市場が一気に膨らんだのはここ1年ほど。昨年11月に自社ブランド「リアップ」の女性向け商品「リアップリジェンヌ」(希望小売価格5500円)を発売した大正製薬は、年間で強気の10億円の売り上げを目指す。

 同社は平成17年に女性向けを初めて投入したが、成分や効能ばかり打ち出し、「女性心理に配慮したマーケティングができなかった」(上原明会長兼社長)。今回は商品パッケージや広告を見直し、「新しい美容習慣」として同じブランドのシャンプーとコンディショナーも発売し、人気を伸ばしている。

 資生堂は昨年2月、育毛剤「ザ・ヘアケア アデノバイタルシリーズ」(税込み2940~6300円)を全国のヘアサロンに導入し、半年で「サロン業界の常識を破る」(同社)50万個を販売した。

 ロート製薬の「50の恵  養潤育毛剤」(想定価格3800円前後)はかんきつ系の香りが好評で昨年8月以来、予想の3倍の売れ行き。女性向けの市場規模は93億円で男性の約3分の1だが、女性の使用率は14%どまりで「市場は拡大が続く」(同社)見通しだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120122-00000534-san-bus_all

スポンサーサイト

ヴィーダフル | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<日本全国の友人たちへ | ホーム | 答えは身体が知っている?!~お知らせ。。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |