エンジェルからのおくりもの。。。

北海道北見市の美容室から地球環境浄化。。おしゃれを楽しみながら、髪や身体を健康に、そして地球環境も浄化してHAPPYにしてしまう『ビーワン』 貴方も地球の応援団になりませんか?

市販薬の落とし穴!!「リアップ」6名の死亡例、500例の副作用報告

薬には副作用がつきものです。

CMでやっているから安心。。手軽に使われている日用品や市販薬に潜む危険性について
興味深い記事がありましたので紹介します。


「市販薬の落とし穴  船瀬俊介」より転載




市販薬には思わぬ落とし穴が隠れている
その代表格が「リアップ」

最初は高血圧の経口薬、血管拡張剤として開発された

ところが愛用者に゛毛が生える゛という副作用が確認され、急遽、発毛剤として販売されたという曰く付きの薬剤

その名は ミノキシジル

「ミノキシジルはAGA(脱毛症)治療向けの内服薬として開発が行われた
しかし、犬を使った実験の結果、心臓破裂で死亡した例があり、内服薬の開発は中止された」(大人の科学より)
その販売権を日本で獲得したのが大正製薬で商品名を「リアップ」とした
外用薬として頭にふりかける

肝心の発毛メカニズムは「詳細は未だ不明」とは、心もとない
女性用の「リアップ・レディ」も販売されている

ところが「リアップ」には次のような「副作用」が警告されているのだ

「頭痛」「意識障害」「重症低血圧」「不整脈」「動悸」「手足のしびれ」「性的不能」「性欲減退」「胸痛」「急速な体重増加」「顔や手足のむくみ」…など
 本来は血管拡張剤なので「重症低血圧」「不整脈」「動悸」などが発症するのだろう
しかし「性的不能」「性欲減退」などは男性陣としてはショックだろう
更に重篤な副作用として、次の報告がある
開発段階で3名、市販化された「リアップ」の使用中に3名(1999年時点)が薬剤との因果関係は不明としながらも、心臓病などの循環器疾患で死亡している



後者の死亡例は2003年、国会議員による質問主意書に対する政府答弁書で明らかになるまで大正製薬は公表しなかった

更に99年の発売当時から03までに循環器系の副作用が約500例も寄せられていることも明らかにされている

「リアップ」の「添付文書」には次の警告もある

「1年間使用して、改善が見られない場合は使用を中止して、この説明書を持って医者または薬剤師に相談してください」「本剤は誰にでも効果があるわけではありません」使用者全てに発毛効果があるわけではないのだ

それをメーカーも認めている
「1年以内であっても、脱毛状態の悪化や頭髪以外の脱毛が見られた場合」も同様に医師などへの相談を勧めている
発毛剤で「脱毛がありうる」事をメーカーも認めているのだ

「注意書き」でも断っている
効果が現れるまで少なくとも6ヶ月間は毎日使用してください」(同)
これでは当たるも八卦当たらぬも八卦
半年使って「効果なし」では空くじを買ったようなもの
毛は生えなくても…怖い「副作用」群は均等に降りかかってくる
更に運よく発毛効果があっても「中止すると元に戻ります」とは…。
更に「壮年脱毛症には効果はない」(同)と断っている

「生えなくても文句は言わせない」というわけだ
あなたはこれでも「リアップ」を頭に振りかける気になるか…?




その他 痔の薬「ボラギノール」水虫薬「ダマリン」かゆみ止め「デリケーナ軟骨」の配合成分

「リドカイン」

これは外科用の強力局所麻酔薬

麻酔薬を塗れば「痛み、かゆみは消える」のは当たり前
「医薬添付文書」を見ると「劇薬」と冒頭に明記され重大な副作用もある


ショック
アナフィラキーショック意識障害
異常感覚
悪性高熱
不安、興奮、めまい、悪心、嘔吐、じんましん、浮腫…

まさに「クスリはリスク」なのだ

スポンサーサイト

あなたに知ってほしいこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<女性で一番老化が早いところとは。。 | ホーム | 化学香料の危険性。。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |