目指せ!クリスタルボディ♪ テラヘルツ(=生命の光)を吸収し、放射しているのが珪素!!

2013.12.13.20:01

ただ今エンジェルではUMOのキャンペーンを行っていますが、よりケイ素のことについて説明しますね♪

131213_1702~02
 

水溶性濃縮ケイ素UMO



珪素の力で絶対に病気にならない健康生活
     医学博士・医師 菅野光男先生

 最近になってわかってきた珪素の大きな働き!

病気を癒す「根本療法」の実践による末期の肺ガンからの生還

 末期の肺ガンと13年前に診断され、余命三ヶ月と宣告されても奇跡的に生還を果たした人がいます。西洋医学における対症療法ではなく、根本的に病気を癒すために独自に研究し編み出した「根本療法」を実践してガンを治したのです。

その当時にはわからなかった「なぜ治ったのか?」という私の疑問への答えが最近はっきりしてきました。それには珪素が大きく関係しています。珪素は、ストレス解消の漢方薬として四千年前から中国で処方されてきました。現代の医療でも、ストレス性胃腸炎、胃潰蕩、十二指腸潰蕩や慢性的な下痢症に処方されています。珪素は安全に服用でき、驚くべき効能で健康生活の獲得に役立つのです。

珪素は必須栄養素のひとつ。珪素が支える血管の若さで老化をストップ

 珪素は体の臓器や器官に必要な約60種類の必須栄養素のひとつです。そして血圧600にも耐える強靭さと、しなやかで若々しい血管に必要な栄養素なのです。体のもとになる栄養を全身に運ぶ血管が生まれ変われば老化が遅れます。

 また珪素には物質の浸透性を上げる働きがあり、血管内にたまったコレステロールなどの脂肪を洗浄して排出(デトックス)することで、新陳代謝や免疫力をあげます。

 現在、何らかの病気にかかっている人も、今日より病気を進行させないことが大切です。病気の原因を知ることができれば、改善することもできるのです。そして、疲れやすく、疲れが取れない、痛みが取れない、よく眠れない、という自覚がある人にも有効です。医学的には、いつ倒れてもおかしくない状態の人を未病と呼んでいます。

なぜ未病になるのか?それは基本的には新陳代謝が悪いからです。病気の原因を知って、病気を癒す「根本療法」を実践しましょう。実践していけば健康になっていく自分を体感でき、生きる自信が湧いてくるはずです。

 

珪素の力を取り入れた健康生活を実践する方法
健康生活は「病気の原因」と病気を癒す「根本療法」を理解することから始まる

 「絶対に病気にならない健康生活」を手に入れるためには、次に挙げる3つの「病気の原因」を知り、「根本療法」を理解する必要があります。

①腸から血管内に侵入する悪玉腐敗菌(病原になる細菌やウイルス)を少なくしてガン化を防止

②栄養バランスを改善して栄養失調を無くし、正しい新陳代謝を活発化

③身体の健康を妨げる悪い食品(毒類)は食べない

そして、病気を癒す「根本療法」は3つしかありません。

①新陳代謝を良くして体温を37℃(目標)に上げ、腸内の悪玉腐敗菌を減らすことで栄養素を吸収しやすくする

②免疫力、自然治癒力を活性化させる約60種類の必須栄養素を摂取する

③新陳代謝によって、体内に蓄積された化学物質を排出(デトックス)する

以上をふまえて新陳代謝を活発化させることを実践しましょう。

 
腸から血管内に侵入する悪玉腐敗菌(細菌やウイルス)を減らしてガン化防止

病気の原因になる細菌やウイルスと血管内で戦う白血球が私たちの免疫力の源です。白血球が細菌やウイルスとの戦いに敗れると、私たちの細胞は遺伝子(DNA)を傷つけられガン化してしまいます。

悪玉菌を減らし善玉菌を増やし免疫力をアップ

 食物は食道と胃を通って最後に腸に到達します。実は消化器官は体の外側にあたるのです。「体内」とは、腸から栄養素を吸収して、血管から血液に到達するところを指します。悪い物を食べれば、悪い物が体内に吸収され、病気になります。実はガンなどの病気の原因は腸から吸収されたウイルスや細菌、発ガン物質(ニトロスアミン、インドキシルなど)です。

 悪玉菌の別名は腐敗菌です。腐敗菌によって腸が弱まることが最大の問題です。悪い細菌やウイルスが血管から体内に吸収されると、血液中の白血球が自然に増加して免疫力をアップします。免疫力の要である白血球がこれらの菌やウイルスと戦うことによって、なんとか発ガンを押さえています。しかし免疫力の限界を超えると、最後にはガンになってしまいます。ガンを発症していない人は免疫力が優れていたということです。

 珪素の持つ「抗酸化力」で腸内での食物の腐敗=酸化を止める

 「おいしい物」=「酸化しやすい物」=「腸内で腐りやすい」=「体が酸化する」と覚えましょう。だから体の調子が悪く病気がちな人は、肉などの動物性タンパク質の摂取を、検査の数値が良くなるまでは控えましょう。では、腸の調子がよくなる食品とは何でしょうか?

それは、腸内の善玉菌を増やす乳酸菌や納豆などの発酵食品、消化や新陳代謝に大きく関係する酵素を多く含んだ野菜や果物、腸内の善玉菌を応援する食物繊維などです。珪素はこの腸内での酸化を止める役割があり、これを「抗酸化力」と言います。「長寿」=「老化しない」=「酸化しない体」なのです。

 栄養バランスを改善して正しい新陳代謝を活発化
私たちの人体の全ての細胞の数は60兆個です。その60兆個で形作られる各臓器や人体に必要な約60種類の栄養素を供給して正しい新陳代謝をさせることが大切です

免疫力がアップする栄養摂取法

 私たちの体を構成する60兆個の細胞が、約60日で入れ替わることを新陳代謝といい、新陳代謝の際には常に必須栄養素が必要となります。それぞれの栄養素はそれぞれの働きを持っています。例えば、骨をつくるのに必要な栄養素はカルシウムです。

同じように肝臓、すい臓、腎臓、筋肉または皮膚など、体の部位によって新陳代謝の際に必要とされる栄養素が違うのです。そのために、約60種類の栄養素をバランスよく摂取しなければなりません。

 しなやかな血管が決め手となる栄養の供給

 しかし、体をつくる栄養素を摂取することが加齢とともにおろそかになってきます。免疫力をつくるのは血液細胞で、一日に2000億個が生まれ変わります。毎日きちんと生まれ変われば、免疫力に問題はありません。

しかし、生活習慣病などの人は、体によいといわれる食物を食べても、血管の疲労によって末端の細胞に栄養が届きません。よい血管は珪素が多くしなやかです。動脈硬化の人の血管は珪素不足です。珪素とはシリコンのことで衝撃にも熱にも強く、正常な血管は血圧600以上に耐える力を持っています。これが珪素不足になるともろくなり動脈硬化になってしまいます。

 臓器、脳細胞、皮膚をふくめた器官に、栄養、酸素、ホルモンが届かない理由は、血管内にコレステロールなどの脂肪(プラーク)がこびりついているからなのです。プラークによって狭くなった血管に、心臓(ポンプ)から血液を送ると圧力が上がるのは当然です。これが高血圧です。またコレステロールは血液そのものを酸化して硬くします。

ですからコレステロールという油を掃除しなければなりません。現在、その油を掃除する薬はなく、糖尿病や生活習慣病を治す薬はありません。 ところが、この油をとってくれるのが珪素だったのです。珪素には水と油を混ぜて乳化させる働きがあり、血中のコレステロールを体外に運び出しやすくしてくれるのです。

 体温を上昇させて免疫力をアップ

 夜起きていることが普通になってしまった現代人は、新陳代謝がしにくくなってしまいました。なぜならば、新陳代謝は夜に行われるように遺伝子にプログラムされており、夜に眠れない人は新陳代謝が悪くなるのです。夜間に働くことは健康に良くありません。

新陳代謝が弱まると、体温が下がって免疫力が下がってしまうのです。それが原因でガンなどの病気になります。そのためには体温を上げて新陳代謝を活発にしなければなりません。健康な腸内の温度は37~38度です。腸内の細菌やウイルスは37度を超えると弱体化させることができます。実は、体温は私たちの防御機能なのです。日頃の体温を上昇させて免疫力を上げ、ガンにならないようにしましょう。

 また珪素には物質の浸透性を上げる働きがあり、血管内にたまったコレステロールなどの脂肪を洗浄して排出(デトックス)することで、新陳代謝や免疫力をあげます。それはなぜか?よく水晶は魔除けに使われますが、それは水晶が体温の上昇に効くからなのです。水晶とは3万ヘルツ以上の安定した一定の周波数を発振している鉱物です。実のところ水溶性の珪素は水晶を水に溶けるようにしたものです。水晶からできた珪素と、体の中の珪素でつくられた部分が共振共鳴することで体温を上昇させるのです。

 身体の健康を妨げる悪い食品(毒類)は食べない

最近は水産物などに養殖物が増えましたが、その一部には成長ホルモン入りの餌で成長が促進されている魚や、抗生物質によって病気にならないようにされている家畜がいます。食品に残る農薬や化学物質等が免疫力を低下させることが、ガンの原因のひとつなのです。

 悪い物を排出(デトックス)する珪素の力

 成長ホルモン入りの餌で成長が促進され、抗生物質によって病気にならないように飼育されている養殖の魚や家畜がいます。抗生物質など、体に悪い飼料で育てられ、急速に成長させられて、迅速に出荷された家畜の体内には、悪い物が濃縮されて蓄積されています。

大量の成長ホルモンや抗生物質を含んだ飼料で育った肉類を食べているのが私たちなのです。問題はデトックスです。悪い物が体内に入ってしまった後に、それらを排出する力があるかどうかなのです。例えば、吹出物は体の中から毒素を排出しようとする働きなのです。

体内から排出される物で良い物は何もありません。良い物は体が出そうとはしません。その悪い毒素を排出しようとする際に大きな役割を果たすのが珪素なのです。

 あなたの食べたものでしか、あなたの体はつくられない

 老化の進行は遅らせることができます。基本は体を酸化させないことです。珪素は体の抗酸化力をアップしますが、老化防止の特効薬ではありません。正しい免疫力や新陳代謝を促進するのは、臓器や体の部位に必要な栄養素なのです。

栄養素が必要なところに供給されてはじめて正常に機能します。老化の防止は食生活の改善で可能です。食と健康は密接に関わっています。体を良くする食べ物と、悪くする食べ物があり、知らないうちに摂取している悪い食べ物を口にすることを止めれば、健康になれるのです。悪い物を食べれば悪くなり、良い物を食べれば良くなるのです。「あなたの食べたものでしか、あなたの体は作られない」。

人のせいにはできません。あなたが病気になってしまったのは、あなたが食べた食物が原因なのです。ですから身体の健康を妨げる悪い食品(毒物)を食べない食生活が大切なのです。


奇跡を起こす珪素の力!

 珪素が不足すると老化の速度が速まる!?

 珪素は人の体の組織同士をつなげるセメント的役割を果たすコラーゲンを強くする元素です。骨の形成の初期段階で、カルシウムのコラーゲン沈着を助け、骨を強くします。

 珪素が減少すると、骨がもろくなるのはもちろん、血管に脂肪がつきやすくなることが、わかってきました。血管は珪素が多く含まれる組織です。動脈硬化が進行した人の動脈には、健康な人の数%しか珪素が含まれていなかったという報告もあります。

 珪素が不足すると「爪が割れる」「髪が抜けやすい」「皮膚がたるむ」などといった症状が起こることが、わかっています。高齢者の骨がもろくなるのも、珪素の減少が影響する可能性が、指摘されています。

 

細胞単位で水分と栄養を補給する珪素

 「珪素(原子番号14の元素で元素記号Si。別名シリコン)」は、日本ではまだ馴染みの薄い成分ですが、大ブームとなったコエンザイムQ10などと同様、本来人間の身体に存在している微量栄養素です。しかし、私たちの身体は年を重ねるごとに珪素を蓄える力を失っていきます。その結果、肌や身体に様々なトラブルを引き起こしてしまうのです。珪素は若々しさと健康を願う人にとって見逃せない存在なのです。

 珪素は、太古より地上に存在する元素で、地球上に酸素に次いで多いといわれています。その正体は小さな植物プランクトン・珪藻で、地球上に約4000種も分布しているといわれる藻類の一種です。単体では目に見えない微細なものですが、長い年月をかけて海底や湖底・土壌に積もり“珪酸の層”を作り上げます。

 また、精神の病にも効果的だとして使われていました。実際、いまでは珪素が不足することで、脳を活性化させるセロトニン、ドーパミン、ベータエンドルフィンの分泌が減少し、心の病・うつや精神不安が起こります。

 珪酸は、ガラス質を意味します。珪素の小さな分子は一つひとつが珪酸のガラスの殻に覆われています。この殻の部分だけが残って化石となるので、純度の高い珪素の化石は、透明な美しい結晶になります。

 その表面にはミクロの穴が無数にあいています。実はこの「ミクロの穴」が珪素の優れた効能を引き出す鍵となっているのです。

 

日本人は骨粗鬆症になりやすい

 日本は四方を海に囲まれ、日本人は昔からカルシウムを多く含む小魚や海草を食べてきました。それなのに骨密度が低く、骨粗鬆症になってしまうのは何故でしょうか。

 それは日本の飲み水にミネラルが少なく、硬度が低い「軟水」のせいといわれてきました。しかし実は、人体の骨格形成に必要で、骨がもろくなるのを防ぐ珪素の摂取が少ないからとわかってきました。

 珪素摂取量と骨の強さ(骨密度:BMD)に密接な関係があることが、米英共同の「フラミンガム研究」から明らかになりました。

 米英の共同研究グループは、フラミンガム子孫研究の参加者2847人(30~87才、男1251人・女1596人)の食生活を調査。珪素摂取量を比較すると、男性や閉経前の女性では、珪素摂取量が多いほど大腿骨部のBMDが高いことが明らかになりました。

 珪素成分を多く含む珪素の化石・水晶は、いくら細かくしても所詮石のようなもので、それを摂取しても体内に取り込むことはできません。そこで、作り出されたのが、水溶性珪素です。水に溶け、固体・粉末・気体にと、状態を変えられることから、応用の幅広さもあり、今後の可能性が期待されます。

 

珪素の出番!

水溶性珪素(水晶、珪素の濃縮液)は、奇跡の水と言われていますが、その奇跡の水の理由があるのです。それは水溶性珪素が万物の生命を支える生命の水であることが証明されたからです。宇宙物理学で検証されたテラヘルツ(超速赤外線100ギガヘルツ1100テラヘルツの振動数を有する電磁波)が実は生命の光だと言われています。

その生命の光を吸収し、放射しているのが珪素だからなのです(生命の中心になっている有機高分子は、全部このテラヘルツ領域の共振周波数なのです。つまりテラヘルツは「命の光」だという理由はそこにあります。※日本技術開発センター山口研究所所長・新納氏)。

そうです、テラヘルツ(=生命の光)を吸収し、放射しているのが珪素であり、生命の水と言われるゆえんなのです。このような生命の光を吸収し、放射している生命の水(水溶性珪素)が現代の疲れきった人々に元気を出させ、心身に活性を与え、より健康で、より幸せになるようとの願いから出番となったものです

 珪素が満を持していよいよ活躍するときがやってきました。人類の健康と幸せの為の出番なのです!

 生命の光を含んだ生命の水(水溶性珪素)は現代の必要に答えるための天の配剤と思われます。また、それが万物の活性化にもなっているのです。

 珪素は、医療として4000年前の昔から漢方で処方されています。それは、主にストレス解消と安心立命の効用として処方されていました。実は現代医学でも、ストレスからくる胃腸尖、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腸内異常腐敗や、下痢症に薬として処方されているのです。医者が処方できる薬となっているのです

まさに、現代人に最も必要な脳と腸肝のための薬として処方されています。脳に安心立命、穏やがな心を持たせ、腸には本当に元気な腸になるためです(腸は英語でGut=ガットまたはガッツと言います。日本語では根性とか元気力とも訳せます)。すなわち、本当の根性と気力のある腸になるために珪素はあるのです。

 私は20年自然免疫医学を提唱し、実施論として「脳-腸免疫医学」を癌、難病、生活習慣病などの克服のために、医師として実施してきました。その中心に、脳と腸の活性こそ重要であり、必須であると確信してきました。

なぜなら、脳と腸は生命発現の場であり、その活性化こそ人間の生命力を高め、免疫力を高める方法だからなのです。今、その生命発現(生命の泉)の活性に役立つのが珪素(=生命の光)なのです。 生命発現の場、すなわち生命の泉を活性化し、そのために生命の水(水溶性珪素)を使用する最高の医療が示されたのです。

 

 癌に克った臨床例を紹介します。そのご婦人(58歳)は乳癌を再発し、肺ガン、肝臓癌へと転移した方でした。芸大出の絵を描く先生に紹介され、当クリニック(菅野クリニック)に来院されました。平成19年9月、早速「脳、腸、免疫療法」を行いました。

8カ月後の平成20年4月22日、CTを持参して肺ガン、肝臓癌が消えました!と、喜んで勝利宣言されました。その勝利の祝福にと紹介した芸大出の先生が【光男観音】像の絵を贈ってくださったのです。今でも「癒し観音」として、机の上に飾っています。

 

無限に広がる珪素の働き

 

ドロドロ汚れた血液が健康なサラサラ血液に

 水溶性珪素のアルカリイオン水は、酸化したドロドロ血液を瞬時にアルカリ化し、サラサラの健康状態にします。

 血液細胞の大きさは8ミクロン、毛細血管の内径は5ミクロン。酸化したドロドロ血液は、通れません。水溶性珪素の優れた浸透力によって、健康な状態になった血液は、楕円に変形することで通ることができるのです。

 糖尿病などの血行障害によって起こる壊疸、ガンや心臓病などの血液が原因で起こる症状も、健康な血液にしてくれる水溶性珪素を飲むことで改善できます。

 

シミやシワ・・・老化の原因の活性酸素対策として

 シミの原因は、太陽の紫外線やストレスなどです。そのどちらも活性酸素の働きでつくられます。毛髪細胞の育毛のサイクルは、若者で約3週間、高齢者になると約5週間以上かかるといわれます。シワも同様、紫外線を受け、活性酸素が働くことで炎症を起こし、細胞の減少で引き起こされます。シミもシワも、その活性酸素を除去すれば解決します。水溶性珪素水を飲用し、皮膚にスプレーしてスキンケアの改善が期待できます。

 

アトピー性皮膚炎でお困りの方に

アトピー性皮膚炎の原因物質はアレルゲンです。ダニやハウスダスト、ペットによるものや食物アレルギーも多くあります。こどもの時に発症するケースが多いですが、成人になっても移行します。かゆみを抑えるために塗るステロイド軟膏は副作用が伴う場合が多く、全ての症状に対応できるわけでもありません。

アレルギーの原因に活性酸素が関与し、その対策には正しい免疫力を付けることです。水溶性珪素はアレルゲンと活性酸素を除去し、正しい免疫力を作り出します。

 皮膚に直接水溶性珪素水をスプレーすれば、優れた浸透力で静菌力と消炎効果でかゆみを抑え、美しい皮膚を取り戻せると期待できます。

 

野菜・果物の安心な洗浄に

 水溶性珪素の溶解水の水分子はクラスターがとても小さく、水分子の電子エネルギーの回転も速く、野菜や果物が内部水分の活性化が速やかに行われます。その結果、表面だけでなく内部に入り込んでしまった農薬などの汚れが、排出されるのです。セルロース系の表皮を持った果物(トマトやサクランボ、リンゴなど)は10~20分程度のつけおき洗いが、効果的です。

 

薄毛や白髪が改善

 薄毛や白髪の主な原因は、活性酸素による老化現象や、加齢により頭皮脂腺から半流動性の脂肪物質が多量に分泌され、それが固まることで、毛根を詰まらせて発毛を滞らせるのです。

 珪素は、弱々しい細い髪や抜け毛を頭皮から改善します。水溶性珪素を飲用することで、活性酸素を除去し免疫力を増強すれば髪の衰えを抑制できます。

また、毎日のお手入れとして、水溶性珪素水を、頭皮にスブレーしてマッサージしてください。分泌された余分な頭脂を除去して、常に清潔にすれば髪が増えたり、うぶ毛が生えてきたり、太くなったり、白髪が黒くなったりするのも、夢ではありません。

 

安全で美味しいお米に変身

 お米は収穫時から酸化が始まり精米すると酸化物質が更に進みます。水溶性珪素水で洗米すると、その浸透力で栽培時に使われた残留農薬や酸化を除去し、おいしいお米に変えます。洗米するとき黄色い酸化物質などが出るので、十分水洗いをしてください。

 

慢性の偏頭痛や肩こり・腰痛を血液サラサラ効果でバイバイ!まずは一週間

 脳の中の血管が収縮し、拡張時に起こる血管性の慢性頭痛が偏頭痛です。精神性ストレスや疲労、睡眠不足、生理不順などが原因といわれます。肩こりや腰痛は筋肉の血行不良や筋力低下、乳酸などの疲労物質が溜まり、血管を圧迫します。そして筋肉が硬直して起こります。血行不良は、冷えも伴います。

 水溶性珪素の優れた浸透性が血行を改善し、細胞の隅々に血液を行き渡らせて、栄養と酸素を供給します。そして、溜まった疲労物質を外に出すことで、症状を和らげてくれます。

 

動脈硬化の進行を抑え、脳血栓、脳梗塞、心筋梗塞、脳出血にならない身体づくり

動脈硬化の進行した人の動脈には、健康な人の14分の1の珪素しか含まれていないという報告があります。血管は珪素の多い組織ですが、年をとるとともに減少し脂肪が沈着し易くなります。

 水溶性珪素濃縮溶液は数種類のミネラル成分を含んでいますがその中心的成分は珪素で、さらにカルシウム、鉄、ナトリウム、マグネシウムなどの動脈硬化の進行を防ぐ働きのある成分が複合的に作用し動脈硬化の進行を防止します。

元氣倶楽部 2011特集号より抜粋

131213_1702~01 
ただ今エンジェルでは
水溶性ケイ素UMO
のキャンペーンを行っております♪

12月27日まで

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

beoneangel

Author:beoneangel
【美容室エンジェル】北海道北見市☆

「美と健康と地球環境浄化」をコンセプトに≪ビーワンシステム≫と奇跡の物質フルボ酸☆≪ヴィーダフル≫を取り入れた癒しのサロンです。
化学物質で創る不自然な艶ではなく、今までの常識を変えた人間本来の内側から輝く美しい髪、そして健康を手に入れてください。

エネルギーワークである
【ワンネスディクシャ】も行っています☆

ビーワンとワンネスディクシャは心身の浄化します・・

癒しのヒーリング音楽の空間で
心も髪も美しい本来の自分に戻りませんか・・

【イチオシ♪】
デトックス効果の高い循環器を使った頭皮洗浄がエンジェルのお勧めです♪

気持ち良すぎて♪いびきをかいて寝てしまう人続出で~す
(^^)


住  所: 北海道北見市高栄西町9丁目5-16

電  話: 0157-24-1035

営業時間: AM9:00~PM6:00

定休日 : 第1.3火曜 第1を除く日曜
     (時間、曜日は応相談)

* 完全予約制となっております

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

毎日の花色と四季の景色変わります

蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

最新記事
天使のおともだち。。
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
エンジェルの本棚。。
Powered By 読書カレンダー
小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ