エンジェルからのおくりもの。。。

北海道北見市の美容室から地球環境浄化。。おしゃれを楽しみながら、髪や身体を健康に、そして地球環境も浄化してHAPPYにしてしまう『ビーワン』 貴方も地球の応援団になりませんか?

トリニティ酵素 氣精(オーブ)発売♪

今巷では酵素ブームですね


この度、酵素サプリが発売されることになりました。

これは注目です(^^)


~生きた酵素 + トリニティー、ケイ素、サンゴ、鉄分が融合~

お待たせいたしました!
トリニティー酵素 氣精(オーブ) が6月23日(月)のご注文より新発売いたします。

トリニティー酵素 氣精(オーブ)は、厳選された6種類の生きた酵素に、
トリニティー、サンゴ、ケイ素、鉄分を贅沢に配合した日本唯一の酵素サプリメントです。

非加圧・低温処理なので酵素をしっかりと生きた状態で
体の中に お届けすることが出来るので、皆様の生活習慣病の難題を解決します!

酵素力を追及し誕生した、オンリーワンの酵素サプリメントを
毎日の健康と美容のために、是非お役立てください。

img_newgoods7937_01-e1402563591885.jpg


・商品名:トリニティー酵素 氣精(オーブ)
・上代価格:15,000円(税抜)/個
・内容量:36.9g(410㎎×90粒)
・形状:乳白色粉末(植物性透明カプセル入り)
・ケース:2個入
※ケース(2個入)単位のご注文は送料サービスになります。
※画像は試作品です。

■原材料
穀物発酵エキス、発酵玄米、ビール酵母、化石サンゴ、HPMC、 マルトデキストリン、
硬化ナタネ油、水溶性珪素末、シルク末、乳糖、 食塩、着色料(酸化チタン)、
リン酸Na、乳酸、塩化鉄、クエン酸鉄、 シクロデキストリン、
(原材料の一部に小麦、乳を含む)

■栄養成分表示3粒(1日目安)あたり
エネルギー:4.551kcal、タンパク質:0.118g、脂質:0.059g、炭水化物:0.888g、ナトリウム:0.841mg

■お召し上がり方
1日3~6粒を目安に、水またはぬるま湯とともにお召し上がりください。
※1~2粒を毎食前に1日3回お飲みいただくのが理想的です。

■保存方法
直射日光、高温・多湿を避け、なるべく涼しい所で保存してください。
※酵素は50℃以上で死滅失活していましますので、ご注意ください。

★★酵素は生きているかどうかが重要!!そして酵素の作用とは・・・
酵素(本当は酵素力が生きている酵素)とは、全ての生物が生命を維持する為に不可欠なものです。
酵素は生物の細胞内で合成されるたんぱく質を主成分とした物質で、摂り入れた栄養素を消化・分解し、
必要なものは吸収してエネルギーに変え、不要なものは排泄する作業に酵素の力が働いています。
つまり、生体内で行われる化学反応の全過程に酵素が関係しています。
従って、酵素が充分に働かないと新陳代謝が乱れ、健康を維持出来なくなるのです。
体内でつくり出される酵素量は0~25歳をピークに、その後は加齢とともに減っていき、
40代で急激に減り始めると言われています。体内の酵素量が年齢と共に減ってしまう限り、
日常の食事やサプリメントから本当に酵素力が生きている本物の良質な酵素を補うことが重要になります。

厳選された6種類の生きた酵素
アミラーゼ・・・炭水化物を消化分解
プロテアーゼ・・・肉類などのタンパク質の消化分解 ※主に小腸から分泌される酵素です。
リパーゼ・・・油、脂肪を消化分解
セルラーゼ・・・食物繊維を消化分解
ラクターゼ・・・乳製品などの乳糖を消化分解
ペプチダーゼ・・・肉類などのタンパク質の消化分解 ※主に膵臓から分泌される酵素です。

★★ご愛用の酵素の“酵素力”本当に生きてますか?
「トリニティー酵素 氣精(オーブ)」の酵素パワーを実証!
実証1例
「トリニティー酵素 氣精(オーブ)」に酵素力がしっかり有るか?を確認するために、
三大栄養素である「糖質」を 消化酵素(アミラーゼ)がどのように分解するのかを実験しました。
また、大人気中の他社の酵素サプリメントと比べてみました。

img_newgoods7937_04-e1402564378571.jpg

左:トニリティー酵素氣精(オーブ)/中央:A社製品/右:B社製品
※A・B社ともに大人気中の酵素サプリメントです。

片栗粉の糖質を消化酵素(アミラーゼ)が分解!

その結果、「トリニティー酵素 氣精(オーブ)」には、 酵素力が有り、
酵素が生きていることがはっきりと実証されました。


スポンサーサイト

ビーワン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大切な水について考えてみませんか? | ホーム | 天使ちゃん入荷しました♪>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |