エンジェルからのおくりもの。。。

北海道北見市の美容室から地球環境浄化。。おしゃれを楽しみながら、髪や身体を健康に、そして地球環境も浄化してHAPPYにしてしまう『ビーワン』 貴方も地球の応援団になりませんか?

切花にもトリニティ

トリニティーの有効性は、農作物の生育の促進や病害の予防においても明らかになって参りましたが、この度は、切花の鮮度保持にも有効であることをご報告いただきましたのでお知らせ致します。
元花屋さんのお客様が、花瓶に水道水と水道水にトリニティーZをわずか2滴添加したものを入れ、スプレーマムという菊の一種の切花について、鮮度保持の比較テストをして下さった約2週間後の結果が下の写真です。

水道水を入れた花瓶(左)の水は腐敗して悪臭を放ち、ほとんどの花首は倒れて枯れ始めています。
水道水にトリニティーZをわずか2滴添加した花瓶(右)の水はきれいなままで、花の鮮度も依然として保たれています。


                       

【 トリニティーの使い方~フラワーショップ 】

1)水あげ時
桶の水1LにトリニティーZを5滴ほど添加してお花を浸けてみて下さい。水のあがり具合や花持ちが良くなります。
2)桶の水
桶の水1LにトリニティーZを5滴ほど添加して下さい。
小さなゴミやヌメリ、お花についた農薬はトリニティーが分解するので、水の濁り、桶や花茎のヌメリがなくなり、水換えの頻度が1/3程度かそれ以下になります。
例えば、母の日など早期の仕入れでお花をストックする場合も茎が腐らず水換えが不要です。
実験では数ヶ月間、水換えが不要になったケースもありました!
桶の水が減ったらトリニティーZは足さず、水だけを足していけばOKです。
葉や茎などの大きなゴミはその都度取り除いて下さい。
3)お花の水が下がってしまった時
茎を切り戻してトリニティーZを添加した水につけてあげて下さい。
普段からトリニティーの水を吸わせておけば、お客様が持ち帰られた後の花持ちも良くなります。
4)フラワーポット(保冷循環器)
フラワーポットの水にトリニティーZを50g添加します。
小さなゴミやヘドロはトリニティーが分解するので、フィルターや配管の詰まりがなくなり水換えの回数が3ヶ月に1回かそれ以下になります!
水が減った時はトリニティーZは足さず、水だけを足していけばOKです。
葉や茎などの大きなゴミはその都度取り除いて下さい。

スポンサーサイト

トリニティーの報告 | コメント:0 |
<<ハイブランドの特殊クリーニングにトリニティー! | ホーム | きなり食堂でプチレディース会開催!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |