スキンシップの効能♪

2015.08.30.20:50

親しい人からのスキンシップが心や身体に素晴しい影響を与えることは良く知られるところですが、興味深い記事を見つけました。

********************************
1971年、ニュージーランドに生まれたクシュラという女の子。
クシュラは生まれながら、身体的にあらゆるトラブルを抱えており、医師からは知能の遅れもありうると言われていました。
しかしながら、クシュラの両親は、そんなクシュラをベッドに寝かし続けることなく、毎日毎日、抱っこをしながら、140冊もの絵本を何度も何度も繰り返し読み聞かせ続けました。
そして、44歳になった今、クシュラは親元から独立し、3人で共同生活を送っています。

人生まるっとangel's life リンクからの紹介です。

********************************
クシュラは、1971年ニュージーランドに染色体の異常により、身体と知能に障害を持って生まれました。染色体に異常があると、視聴覚・内臓・形態・知能・運動など・・・身体のあちらこちらにさまざまな症状を伴います。「呼吸にトラブルがあり1時間も寝ていられない、年に何度も危篤状態になる、何度も入院や手術をする」といった重度の障害で、知能的にも精神遅滞で、外見も異なる。彼女と同じ障害を持つ者は、生後1年以内に90%が死亡すると言われているくらいです。
 
それでも、若くして子供を持った(母親は20歳、父親は21歳)クシュラの両親は希望を捨てずに、娘を育てました。医師の言いなりにはならず、子供の可能性を信じ、何の反応も示さないわが子を抱いて絵本の読み聞かせを始めました。3歳までに母親が読んだ本はなんと140冊。繰り返し繰り返し、本によっては100回以上、クシュラがフレーズを丸暗記するほど読みました。母親は、いつも片手にクシュラを、そして片手に絵本を持ちながら、世話を続け、10分置きくらいに、クシュラの言ったこと、成長の証になるものをメモしていったそうです。そうしている間に、徐々にクシュラは絵に物語に興味を示すように。めくるめく絵本の世界と語られる言葉の洪水、そして絶え間ない両親とのスキンシップは、クシュラの脳を刺激し、彼女の心を外へ外へと向かわせました。

そして奇跡が起こります。1歳まで育つのも難しいと言われる中でクシュラは生き続け、3歳になる頃には、
身体のハンディはあったものの、知能面では他の子供と遜色ないほどの発達を見せ、言葉を増やし、そして精神的にも成長をしていきました。

障害を持って生まれた子供の場合、生活に最低限必要な寝食に焦点があてられ、特にずっと寝かされていることがあります。特に病院に入院してしまった場合、脳への刺激はかなり少なくなってしまいます。肌をさする、声をかける、抱き上げる・・・五感を通しての物理的な刺激、音や言葉による知能への刺激全てが子どもの脳への刺激になるのです。小児科医の勧め通り、施設に入れていたら、両親は楽ができたでしょう。でも、クシュラの親は、決して諦めないで、闘い抜きました。
 一般の子供と一緒に学校に通い、そして成人。すると、母パトリシアはクシュラに「自立してみてはどうか」と驚くべき提案をします。両親がいなくなっても、彼女が生きていけるようにと将来を考えてとのこと。両親の元を離れてから数年後、母は40歳の若さでこの世を去りました。2012年現在、クシュラは40歳。「ずっと勉強を続けなさい。」という母の遺言を守って、3人で共同生活をしているそうです。
 並々ならぬ両親の努力の日々がなかったら、今のクシュラはありません。

*********************************

クシュラの奇跡のすごいところは、この両親の行いが、クシュラの知能面だけでなく、身体的な部分にも影響を及ぼしているところです。
生まれた時には、他の赤ちゃんのように、何かにしがみつくこともできず、背中や脚、腕は力強さはなくふにゃふにゃ。呼吸困難で、長時間眠ることも出来ない。ややもすれば、一生寝たきりにもなりかねない状況だったと思います。
そんな中、両親は、クシュラをずっと抱っこし続け、し続けながら、絵本を読んで聞かせました。
身体的なリハビリ訓練だけでなく、読み聞かせのような知能面への働きかけだけでなく、『抱っこ』+『読み聞かせ』の両方が親和充足を加速させ、情緒面だけでなく、脳から発せされる、神経伝達系にも影響を与えているということではないでしょうか。


上の子こそたくさん抱っこ!不安を安心に変える“抱っこの重要性”とは
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=306388
兄弟ができると中々上の子は我慢させることが多くなりますが、叱ってしまったあと、ちょっとした時間、しっかり心を向き合って抱っこすると、短時間でも満足してとても安心が得られるようです。

引用
リンク

我が子を抱っこしてますか?
大きくなってからこそたくさん抱っこすべきなんです
「抱っこ」。子どもを持つママなら、毎日していますよね。でも、自分で歩くようになって、一人で何でも出来るようになってきたら…だんだんと、抱っこする回数が減っていませんか?
赤ちゃんの頃は当たり前にしている抱っこ。でも、本当に大切なのは、子どもが大きくなってからの抱っこなんです!

★スキンシップによって、愛情ホルモン「オキシトシン」が分泌
★言葉でうまく伝えられない不安も、抱っこで一気に解決!
★抱っこによって、ママとしての自信アップにも!

●ほんの短い時間でもOK! スキンシップによって愛情ホルモンが分泌
最近よく耳にするようになった「オキシトシン」。脳の下垂体から分泌されるホルモンで、別名「愛情ホルモン」とも呼ばれています。もともとオキシトシンは、出産のときに子宮を収縮させて分娩を促したり、母乳を出したりするホルモンです。

桜美林大学心理・教育学系准教授の山口創さんによると、最近の研究によって「人と人が触れ合うことでたくさん分泌され、信頼や安心感を生んだり、絆を深めることもわかってきた」そうです。

また、オキシトシンは、わずかな時間のスキンシップでも分泌されます。例えば5~10分の触れ合いでもしっかりと分泌され、その後50分程度離れていても濃度が高い状態を維持することができるんだとか!

●大きくなってからの抱っここそ とっても大切!
とはいえ、子どもが小さいときは意識しなくても毎日している抱っこ。でもだんだんと大きくなるにつれて、その回数が減ってきてはいませんか? 重たいし、長時間抱っこするなんて無理!なんて声も聞こえてきそうですが…。

触れることの大切さ、抱っこの重要性を研究し続けている抱っこ専門家・藤野ゆかさんによると、赤ちゃんの頃の抱っこと、大きくなってからの抱っこでは、その目的が違うのだそうです。

赤ちゃんの頃の抱っこは、歩けないから、眠れないから、などの理由が主ですが、大きくなってからの「抱っこして!」は、不安を受け止めてほしいから。 言葉ではうまく伝えられないけど、でもこの気持ちを受け止めて欲しい…ママの抱っこで安心したい…抱っこにはそんな力があるんです。

そして、しっかりと不安な気持ちを受け止めてあげると、子どもの心はすぐに満たされます。長い時間抱っこする必要はないんです。ほんの数秒、数分抱きしめてあげることが、親子関係をより良くするために重要なことなんですね。

●「してあげる」ではなく、 「したい!」の気持ちが大切
抱っこをすることで、子どもの心はしっかり満たされます。さらには、ママ自身の心も満たされるので、母親としての自信もアップします!
抱っこは「してあげる」ではなく、抱っこ「したい」という気持ちが何より大切。産まれてくる前は、早く我が子に会いたい!抱っこしたい!と思っていましたよね? でも実際に子育てがはじまると想像以上に慌ただしく、余裕もなくなり、だんだんと「抱っこしてあげる」に変わってきてはいませんか?
ほんの少しの意識の違いですが、我が子への愛しさが倍増します。 いずれは、こちらが抱っこしたくても、子どもの方から離れていく日がくるかも…その日まで、たくさん抱っこしましょう。

我が家の長男(4歳)も、下の娘が産まれてから、どうしても抱っこの回数が減っています。今年の夏には三人目が産まれる予定なので、さらに我慢や寂しい想いをさせてしまいそう。
だからこそ、意識的に抱っこする機会を作っています。叱ってしまったあと、ちょっとした時間、ぎゅうっと長男を抱っこすると、照れながらもすごく嬉しそう。しっかり心を向き合って抱っこすると、短時間でも満足してくれるんですよね。

「次は○○ちゃん(娘)とかわってあげる!」なんて言ってくれたりもします。きっとオキシトシンが大量分泌されているのでしょう! みなさんも、ぜひ意識的に抱っこする機会を増やしてみてくださいね。

1971
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

beoneangel

Author:beoneangel
【美容室エンジェル】北海道北見市☆

「美と健康と地球環境浄化」をコンセプトに≪ビーワンシステム≫と奇跡の物質フルボ酸☆≪ヴィーダフル≫を取り入れた癒しのサロンです。
化学物質で創る不自然な艶ではなく、今までの常識を変えた人間本来の内側から輝く美しい髪、そして健康を手に入れてください。

エネルギーワークである
【ワンネスディクシャ】も行っています☆

ビーワンとワンネスディクシャは心身の浄化します・・

癒しのヒーリング音楽の空間で
心も髪も美しい本来の自分に戻りませんか・・

【イチオシ♪】
デトックス効果の高い循環器を使った頭皮洗浄がエンジェルのお勧めです♪

気持ち良すぎて♪いびきをかいて寝てしまう人続出で~す
(^^)


住  所: 北海道北見市高栄西町9丁目5-16

電  話: 0157-24-1035

営業時間: AM9:00~PM6:00

定休日 : 第1.3火曜 第1を除く日曜
     (時間、曜日は応相談)

* 完全予約制となっております

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

毎日の花色と四季の景色変わります

蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

最新記事
天使のおともだち。。
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
エンジェルの本棚。。
Powered By 読書カレンダー
小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ